オリゴ糖の便秘解消効果

便秘に悩む人は一度は必ず便秘薬に頼らなければならなくなるときがきます。
普段いつでも家にいて、トイレがすぐにある状態にいつもいれるのならば話は別ですが、やはり外で大事な人に会うときなどには長く続いている便秘というものはどうしても解消したいものです。
そういったときに便秘薬というものは即効性があり、非常に便利なものなのですが、それに味をしめてしまうと、体が便秘薬に慣れてしまい、最終的には最後の頼みの綱である便秘薬でさえも効かなくなってきます。
ですので、やはり大事なのは普段の生活を便秘にならないためにしっかり正すことです。

腸内の悪玉菌と善玉菌

ちょっと嫌な話ですが、人間の腸内には細菌が存在します。

その細菌の中にも私たちにとって良い働きをしてくれる「善玉菌」と、逆に悪い働きをする「悪玉菌」があるのですが、この悪玉菌が増えてしまうと便秘はもちろん大腸がんなど様々な病気にもつながるということになってしまいます。

人間は生まれたての頃は善玉菌が非常に強く、ほぼ100%の悪玉菌をこの善玉菌がなくしてしまうと言われています。
ですので、赤ちゃんや小さい子供はほとんど体臭がありませんよね。(悪玉菌は口臭や体臭につながります。)
若さは力ですね。うらやましい限りです。はい。

逆に年を取ってくると、悪玉菌が段々と強くなってしまい、善玉菌が減ってきてしまいます。(これは年齢のせいだけではなく、不規則な食生活なども理由になります。)
ですので便秘はもちろん、このことから発生する病気を防ぐという意味でもこのことをしっかり理解して何か対策をしなければなりません。

オリゴ糖で善玉菌を応援!

こうして細菌の話をしていると、どうしてもこれは自分では対処できる問題ではないのではないかという気にもさせられてきますが
実はオリゴ糖が腸内の善玉菌を増やすのに有効と言われています。

悪玉菌を減らすには、なるべく肉を食べるの控えるなどの節制が有効になってきますが、それでも善玉菌の数が少なければあまり意味がありません。
なるべく肉を減らした食生活と併せて、このオリゴ糖をとることで善玉菌の数を増やし、効率的に腸内環境を正常に保つことが大事になってくるんですね。

と、知り合いのお医者様が言っておられました。(^_^;)

オリゴ糖は私ももちろん活用していますが、そのおかげなのか何なのか、今では有難いことに便秘とは無縁の生活をおくっています。
普段紅茶などを飲むときの砂糖の代わりに。
ヨーグルトなどを便秘の解消のために摂っている方は、そのヨーグルトの中に。
是非、便秘の解消のためだけではなく、まだ見ぬ病気の予防のためにもオリゴ糖を取り入れてみてはいかがでしょうか。



このページの先頭へ