妊娠中は便秘になりやすい

女性が妊娠中に便秘になる方が多くなっています。

これは女性ホルモンの関係で腸の運動が妊娠中は衰えてしまうために起こることなのですが、普段のときの便秘と比べると妊娠中のそのストレスは大幅に上がります。

ただでさえ便秘というものがストレスの溜まるものなのに、そこに妊娠のストレスのダブルパンチでは女性はたまったものではありませんよね。

そんなときに隣でのん気な顔をしている旦那の顔などをみたときには、それこそトリプルパンチという勢いでしょう。

妊娠中には当然便秘薬などは控えた方がよいでしょう。
しかし、たとえ妊娠中とはいえ、便秘は何とか解消したいものです。
妊娠中の便秘の解消のために、何が出来るかここでは一緒に考えていきましょう。

妊娠中の便秘解消法

妊娠中とはいえ、便秘解消法は普段のときのものと大きくは変わりません。

  • 散歩などをして適度な運動を心がける。
  • 食物繊維を意識した食事を心がける。
  • 便意は絶対に我慢しない。

これらはいつでもするべき便秘解消法の心得です。

逆に妊娠中と普段で違うところは、便秘薬は自分の判断で決して使わない、というところでしょうか。
どうしても便秘で苦しいというときは、かならずかかりつけの産婦人科の先生に相談するようにしてください。
やはりこういった便秘に関しては産婦人科の先生も経験から色々なことを知っていますので、お勧めの漢方なりサプリメントなりを紹介してくれることもあります。

「漢方(サプリ)だから別に相談しなくても大丈夫か…」という考えはご法度です。

妊娠の後期になってくると、トイレ踏ん張るということができなくなってきます。
これは踏ん張ることによって赤ちゃんが出てきてしまうのではないか、という恐怖心からなのですが、そんなときに便秘だとやはり苦しいものです。
妊娠初期のうちにちょっとでも便秘の気があると感じた方は、どうか恥ずかしがらずに先生などに相談するようにしてくださいね。



このページの先頭へ