妊娠中の漢方での便秘解消

妊娠中やそうでないときも、なるべく便秘薬などの薬の使用を避けたいと考えている人は多いと思います。
特に妊娠中の便秘薬は思わぬ副作用をもたらすこともあるので、それらの使用はしっかりと医者の方に相談してからの方が良いでしょう。

また便秘用の漢方も便秘薬と同様、使用を繰り返すことによって慢性化してしまい、効き目が弱くなってくる、もしくは場合によっては副作用が出てくることもあります。

漢方だから体に悪くないだろう。

このような考えもあるかもしれませんが、妊娠中などの場合は念には念を入れてしっかりと専門家の方に相談するようにしましょう。

妊娠中の便秘

女性が妊娠すると女性ホルモンの関係でどうしても便秘になる可能性というものは高くなってしまいます。
規則正しい生活や食生活などで便秘を解消できればそれが一番良いのでしょうが、そんなに簡単に行かない場合も多いでしょう。

しかし妊娠初期などに便秘薬や漢方を使用すると物によっては切迫流産になってしまうという危険性もでてきますので妊婦さんの便秘薬や漢方にはしっかりと気を使わなければなりません。

便秘薬や漢方にはセンナアロエ大黄など刺激性のものが使われていることが多くなっていますが、なるべくこれらの成分が入ったものの使用は妊娠中は避けた方が良いでしょう。

また、妊娠中だけではなく、赤ちゃんに母乳をあげているお母さんも母乳にこれらの成分が入ってしまうため、これらの使用は避けた方が良いと言われています。

赤ちゃんが下痢になってしまいますからね。

これらの代わりに妊娠初期には、マグネシウム系のものが使用されることが多くなっているようです。
マグネシウム系の便秘薬は体に吸収されることがなく、体への負担が少ないと考えられていますが、お腹を膨張させてしまうため、妊娠後期には向かない成分となっています。
そのため、妊娠後期にはマグネシウム系に刺激系のものと合わせて使われることが多くなっているようです。

これら便秘薬や漢方は便利なものではありますが、やはりまずは薬や漢方に頼ることなく、普段の生活で便秘は解消したいものです。

野菜中心とした食生活、そして適度な運動。
妊娠中の方にとっては辛いことかもしれませんが、これらはやはりしっかりやっておきたいですね。



このページの先頭へ