便秘の改善と水の関係

便秘になってしまうとどうしても薬などに頼りがちになってしまいます。
しかし、それでは根本的な便秘の解消にはなりません。
人間は薬に対しても体が慣れてきてしまうので、最悪の場合薬でさえも効かなくなってしまうということも十分考えられるんですね。
実際に私はこれになって、かなり焦った記憶があります。。
そこまで薬を乱用した記憶はないんですけどね。

かといって、便秘の解消のための方法というものは、毎日継続するには簡単なはずなのに中々続かないものばかりになっています。

食物繊維を毎日摂る。
適度な運動をする、腹筋を鍛える。
ストレスを無くす。(第一どうすればストレスってなくなるのでしょう!?)

これらは確かに「しっかりやろう!」と思ってから2,3日は続くものなのですが、これを1年とかそれ以上続けられる人は中々いません。
私だけですか?そうですか。
そこで、これらの便秘解消法の中でも比較的簡単にできて、毎日続けることができる実際に私の便秘が改善した方法をご紹介します。

便秘と水の偉大な効果

写真

驚く方も多いかもしれませんが、実は便秘で悩む多くの方がただ水を飲むだけで便秘を改善させています。
「水は毎日2リットル飲むのが良い」という言葉を聞いたことのある方も多いと思いますが、実際にこれは便秘の解消法にもつながってきます。
水分を摂る事で、大腸に溜まった便を柔らかくしているところをイメージすればその意味は分かっていただけると思います。

しかし、どんなに意識しても毎日2リットルもの水を飲むということは意外と大変なことでもあります。
真夏でもない限りそこまで実際に水分補給ってするものではありません。
そこで、量はそこまで意識しなくても良いので、毎日起きた直後にコップ1杯程度の冷たい水を飲むことを是非試してみてください。
起きた直後というのは人間の脳もあまり活動していないので、飲んだ水がすぐに大腸まで届くようになるそうです。
結果として便秘が改善されるというわけですが、これは確かによく効きます。


便秘の他にも水と美容の話もよく取り上げられますよね。
水をよく飲むことで肌がみずみずしく保たれますし、水分をよくとる人は脂肪がつきにくいとも言われています。
また、風邪の予防として水を沢山飲むということも挙げられています。
便秘だけではなく、美容やダイエットにも良い。しかも風邪を引かない。
こういった効果をしっかりと自覚していると、結構簡単に毎日継続することができたりします。
むしろやらない意味が分からないとさえ思えてきます。

あとこれは余談になりますが、私の場合水泳を始めてさらに便秘が改善されました。
水泳に行った日は必ずと言っていいほどトイレに行くんですね。
これは他の人から見ると溺れているようにしか見えない私の泳法にも問題があると思うのですが、結構プールの水を飲んでしまっているのが原因かとも思います。
しかし、きっと適度な運動をしているということにも関係があるのでしょう。
便秘の方で何か運動を始めたいと考えている方は、是非水泳を試してみてくださいね。
水泳を始めて便秘を改善させた人は私以外にも結構多くいるんですよ。



このページの先頭へ