便秘解消に役立つ食べ物

便秘には食物繊維が良い、という話は多くの方がご存知だと思います。
しかし、その食物繊維がどのように便秘に良いのか?というところまで知っている人はそこまで多くはないのではないでしょうか。

食物繊維はたんぱく質やカルシウムなどの栄養素と違い、体内に吸収されることなく大腸まで通過するという性質があります。
その為、その体内を通過した食物繊維が便として大腸で形になっていくということになるので、この食物繊維が足りていないとそもそも便が作られないということになります。

また、食物繊維はスポンジのようなものとしてよく例えられることがあります。
口から入れたスポンジが大腸までいき、そのスポンジが水分や老廃物などを吸収して大きくなっていき、適度な柔らかさとなったものが便として出てきます。
何となくイメージしやすくなりましたか?

ですので、便の素となる食物繊維をしっかり摂るということは便秘の解消、もしくは予防として非常に大事なこととなるわけです。

食物繊維を多く含む食べ物

ここで、参考のために常用量中に多く食物繊維を含む食べ物のランキングをご紹介します。


  • 糸引き納豆・・・(小パック1個:4.8g)
  • おから・・・(一人前50g:4.7g)
  • 干し蕎麦・・・(一人前100g:4.7g)
  • 干し柿・・・(一個:4.3g)
  • 甘栗・・・(一人前60g:4.2g)
  • とうもろこし・・・(一本:4.0g)
  • インゲン豆・・・(12粒程度:4.0g)
  • オートミール・・・(一人前50g:3.8g)
  • 小豆・・・(おおさじ一杯:3.2g)
  • ライ麦パン・・・(2枚:3.1g)
参照元URL:http://homepage2.nifty.com/luke_apostle/df1.html

いかがでしょうか?結構予想外のものもランキングに含まれていたのではないでしょうか。
ちなみに厚生労働省が勧めている一日の食物繊維の摂取量は25g~30gとなっています。
この数値を目安に、上のリストを見ながらレシピを決めてみてはいかがでしょうか。
ちなみに、「朝に納豆1個、昼に1個、夜に2個くらい食べればいいじゃん。」と考えた人は私と見事に思考回路が一緒です。

また、これらの他にシリアルがお勧めです。
スーパーなどに行けば食物繊維を豊富に含んでいると謳っているものを必ず見つけることができるはずですので、手軽に食物繊維を摂りたいという方はそれらを試してみてはいかがでしょうか。



このページの先頭へ