コーヒーで便秘になるって本当?

コーヒーを飲んでタバコを吸うと便意をもよおすことが多いなんて喫煙者の話を聞いたりしますが、そもそもコーヒーには便秘を解消させる力はあるのでしょうか。

確かにある研究によると、コーヒーを一日2杯飲む日と飲まない日ではコーヒーを飲む日の方が排便回数が多いという結果があるそうです。

これはコーヒーに入っているカフェインが腸の働きなどに刺激を与えるためとされているのですが、これは腸の働きを正常にするということではなく、あくまで刺激をするということですので、決して自然なことではありません。

言うなれば便秘薬のような働きに近いと言えるでしょうか。

そんなコーヒーの働きから、コーヒーは飲みすぎるとその刺激に腸が慣れてしまい、結果として便秘になってしまうという話もあります。

これは人によって様々な意見があるそうなのですが、今のところ、コーヒーと便秘の関係ははっきりしていないというのが主流のようです。

私自身すごいコーヒー好きなので、その際にそのコーヒーをやめるべきかどうか、内科の先生に聞いたことがあるのですが、その先生が言うにも、コーヒーは特に問題ないとのことでした。

便秘は何としても解消したいものですが、コーヒー好きな人にとってはとりあえず安心の結果と言えるかもしれませんね。

コーヒーのおいしい入れ方



このページの先頭へ