バリウムによる便秘はどうしたらいい?

人間ドッグなどを受けると胃や大腸などの検査を行うためにバリウムを飲まされることが多いのですが、このバリウムによって便秘になるケースも多くあります。

これはバリウムが人体に吸収されず、水分を失うことによって体内で固まってしまうことが原因となるのですが、大腸などはそもそも便の水分を吸収してしまうものですので、当然バリウムがそこで固まって詰まってしまうこともあるというわけです。

このバリウムによる便秘は普段便秘で悩む人ほどまた便秘の可能性ともなりますのでまずは注意が必要です。

検診を受ける前にその旨をしっかりと医師の方に申し出て、必要がある場合は普通より多めに下剤などを処方してもらうようにしましょう。

普段下剤などを使用している人はその効果が薄くなる可能性もありますので、その旨を伝える事も非常に重要になってきます。

またバリウムを飲んだ後はなるべく水分を摂るようにし、下剤の摂取は慌てないようにした方が効果的です。

具体的にはバリウムを飲んだらできるだけ水分を摂取するようにし、その後の食事の直後に下剤は服用するようにしましょう。

それでもまだ便秘に悩む場合はできるだけ早めに専門医の方に相談することが第一ですが、バリウムを飲む前に実際にそうなった場合にどうするべきかしっかりと聞いておくことも忘れないようにしたいですね。



このページの先頭へ