赤ちゃん・乳児の便秘解消法

自分の便秘と同じくらい悩ましいのが赤ちゃん・乳児の便秘です。

赤ちゃんは成人した人のように、「私、便秘で苦しいの。」とは決して言葉にすることはありませんので、お母さんやお父さんがしっかりと自分の赤ちゃんの体調を見極めてあげなければなりません。

しかし言葉を発しない分どうしても赤ちゃんの便秘というものは分かりにくいものです。
そこで、ここでは私が本やネットから調べたこと、そして実際に体験した赤ちゃんの便秘についてご紹介します。

私の赤ちゃんは便秘!?

写真

赤ちゃんの便秘の見極めは意外と難しいです。

と、いうのも赤ちゃんの一日の便の回数には個人差があるらしく、成人のように「3日間便をしなければ便秘」というある程度はっきりとした目安というものがないからなんですね。

そのため、赤ちゃんの便秘のサインである、赤ちゃんが便をするときに苦しい表情をする肛門が便をしたときに切れている、などのサインは見逃さないようにしてあげてください。
「便をすることは苦しいことだ」と赤ちゃんが認識してしまうと、それこそ長期的・慢性的な便秘となってしまいます。

赤ちゃんの便秘解消法

赤ちゃんや乳児の便秘を解消してあげる方法は基本的には成人の人と同じです。

規則正しい生活と食生活、適度な運動(赤ちゃんを抱いて散歩するなど)。
成人の人にも大事なことがそのまま赤ちゃん・乳児にも当てはめることができます。

軽度の便秘の場合はこういった生活習慣を気をつけてあげることで改善することができますが、重度の便秘に万が一赤ちゃんがかかってしまった場合は即効性のある解消法も必要となってきます。

小児科の先生にお願いして、赤ちゃん・乳児用の便秘薬を用意してもらう、もしくは綿棒にベビーローションなどを塗って、浣腸をしてあげるという手段もあります。

しかし、できればこういった手段に頼ることなく、普段から大事な赤ちゃんが便秘にならないように十分に注意してあげてくださいね。


このページの先頭へ